スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも家にいてほしい

41911328_2062425907133554_6077051756569690112_n_R.jpg


母親のこと。

共働きの両親のもとに生まれたわたし。

0歳から保育園に預けられて6年保育のあと小学校へ。

両親が共働きなのは、うちにお金がないからだと思って、
一生懸命働いてくてれるんだと思って、
わたしは淋しくても我慢、お母さんが家にいつもいなくても我慢。

仕事と家事でいつも大変なお母さん、
夫婦関係も悪くていつも大変そうなお母さん。

そんなお母さんをこれ以上大変にさせないように、
困らせないようにずっと我慢してきた。

そんな、我慢を身に着けて大人になったわたし。
30歳を過ぎて、母親から衝撃の言葉を聞く。

「 お父さんのお給料だけでも生活できたけど、
子どもが好きじゃなかったから保育園に預けた。 」

えっ!!!!!!!!!
うちにお金がないから二人で一生懸命働いて、
だから、小さなわたしは、淋しくても我慢しなきゃいけないと思って、
ずっと我慢してがんばったんだけど??

えっ!!!!!!!!!
違ったの!!??
それなのにわたしは0歳から保育園に預けられたの??
じゃあ、あの我慢はなんだったの!!??

子どもが好きじゃないから、、、、、、って。

えっ!!!!!!!!!
わたしのことも好きじゃないってこと!!??

あなたの子どもなのに!!??

頭の中が混乱したし、
怒りと悲しみが奥底には溢れたけど、
精神的な不安定さを持つ母に対して、
自分の怒りと悲しみはぶつけられず、、、その場は流した。

お母さんを困らせてはいけない、
お母さんを悲しませてはいけない、
という子どもの頃に自分で作ったルールのままに。

だからと言って、
すごく良い子をしてきたわけでもないし、
それなりに反抗期もあったし、
くそばばあとかも言ったし。

けれど、
それは表面的な反抗でしかなかったんだろうな、と今は思う。
わたしが本当に本当に本当にお母さんに一番言いたかったこと、
は、たぶん一度も言えてない。

「お母さん、いつも家にいてほしい。」 ってこと。

働かなければいけないんだ。
そうしないと生活していけないんだ。
うちは大変なんだ。

と信じていたから。

それだけは言ってはいけないって思い込んできた。

この言いいたくて言えなかったことをずっと抱えたまま生きてきて、
43歳の今、ようやくその本当に言いたかったことに気づいた。

そして、

我慢してきた小さなわたしに、
淋しかったね、よく我慢したね、よくがんばったね。
って言えるようになった。

本当は我慢しなくてもよかったんだということ、
淋しいのは嫌だ!と怒ってもよかったんだということ。

でも、小さなわたしはそれができなかったということ。

ぜんぶまるごと、それはそれでオッケーだったと認めてあげる。

子どもが好きじゃないという母は、
もしも仕事を辞めて、四六時中子どもと一緒にいたら
育児ノイローゼになったかもしれないし。
ならなかったかもしれないけれど、
保育園に預けるというその選択は、そのときの彼女にとって最善だったんだろうと思う。

今、これを書いていて、「我慢」という漢字を見て、「慢心」が浮かんだ。

わたしは、我慢するわたしを、可哀そうなわたし。
我慢していい子なわたし。って思ってたんだ。
我慢は美徳、わたしは悲劇のヒロイン。

で、ググってみたら、やはり。

【我慢(がまん)とは、仏教の煩悩の一つ。強い自己意識から起こす慢心のこと。】
by Wikipedia

我慢を繰り返すことで、わたしの自己意識はどんどん強くなり、
つまり、他者より自分が偉いという意識を育て続けて43歳(笑)
ひどい!!(笑)

他者より自分が偉い、の他者はこのとき母親である。

そのわたしの我慢は、自分より母親を下に見て、
もともと自己肯定感の低い母親は、そのままわたしの下に入った。

わたしが何かに対して怒れば、母親は謝ってきたし、
わたしのご機嫌を伺うようなところがいまでもある。

お金がないから共働きで働かなければいけないわが家、お金がない、、、の
固定観念は、小学3年生まで六畳二間のアパートに家族4人で住んでいて、
まわりの友達の2階建てや3階建ての大きな家に遊びに行くことで、
うちはビンボーという固定観念が勝手に生まれたんだと思う。

小学3年生のときに分譲の集合住宅に引っ越して、部屋数も増えて、ビンボー感はなくなった。
相変わらず、共働きだったけれど、欲しいものは買ってもらえたし、
やりたいことにお金はいつも出してもらえた。金銭的な不自由はなかった。

お母さんが家にいなくて淋しかったけど、
お金の不自由はなかった。

お母さんに家にいて欲しい、という本音は言えなかったけど、
必要なお金は与え続けられて今まできた。

(これ三田佳子さんと息子さんの関係と同じだよね。
大女優で多忙な母だけど、お金には不自由がない。
子ども目線からみると、お母さんもっと僕を見て!もっと愛して!
という叫びを感じる。)

小さなわたしが、

「お母さんが家にいつもいなくて淋しい。
お母さんにいつも家にいて欲しい。」

って本音が言えていたら、

お母さんは仕事を辞めたのだろうか?
それとも、辞めなかっただろうか、、、。

結果はどちらでもいいんだろう。

わたしが本音を言えた、という行動に意味があって。
本音を言えたという事実に意味があって、
そのあとの母親との関係や、
他者との関わり、自己形成が変わったんだろうね。

何度も言うけど(笑)
小さな頃から我慢をし続けたことで、
本音を隠していい人を装い、
慢心を育て続け、悲劇のヒロインになって43歳まできた!(笑)

その本音は、今も母親本人には言えてないけど、

でも、今気づけた。

そして、そんな人生を歩んできた自分を否定しない、
罪悪感を持たない、すべてはオッケーなんだと認めてあげる。

もしも、罪悪感を持っても、自己否定を感じても、
それを感じればよいだけでただそれだけ。

自分で自分を傷つけないこと。

今回、ここまで自分と向き合うきっかけになったのは、
子宮内膜症とチョコレート嚢胞によるすんごい痛みで5月に体調を崩したから。

3年前にも同じ症状で体調を崩していて、
さらにさらにさかのぼると、小学1年生のときに、
虫垂炎で入院し手術をしている。

この3回とも、場所はすべて右下腹部、症状はものすごい痛み。

右下腹部に症状が現れるというのは、

女性性の否定や母親との関係、という意味合いがあると知り、

とてもとても納得したし、
うっすらとそれを感じることがあっても、
けっきょく自分と向き合うことを中途半端に終わらせてきた。

そして、痛みは、怒り。
奥底にため込んで抑えていた怒りが、痛みとして現れる。
怒りの感情のその奥にあるのは悲しみである。

お母さんが家に居ない淋しさや悲しみを溜め込んで、
その通りの病気になった1年生のわたし。

結果的に、1ヶ月近く入院してもっと淋しくなった、という。

今回の子宮内膜症も病院で手術をすすめられたけど、
自然療法が好きだし、手術は怖い、したくない!っていう
思いがあったから、手術ではなく、自然療法を選んだ。

淋しい思いをさせられたことに対する母親への怒りの感情を
右下腹部の痛みととともに吐き出すってこともやってみた。
叫んでみたりして。

この病気になった原因が、これだけ理解できるなら、
手術をしなくても、自分次第で治癒を進められるってことだもんね。

今、実践している自然療法はこの3本立て。

ホメオパシー
インナーチャイルドワーク
酵素風呂

あと、happyちゃんの宇宙理論にはとっても助けられている!

でもでも、西洋医学も病院も必要で、なくてはならないもの。
時と場合。
それは自分自身に答えを求めて選ぶこと。
 
5月の体調不良から、4ヶ月経って、経過は良好。
まだ4ヶ月なのか、もっともっと経っている感覚。
普段に痛みを感じることはない。
排卵痛が少しと、生理痛も少し。
チョコレート嚢胞も小さくなっている。
元気です。

本当の自分を生きること。

嫌は嫌と言い、
好きは好きと言う。

そして、
その嫌と好きは本当なのか、
自分以外の外側からの刷り込みで後付けされたものではないのか、、、。
本当の本当の自分の内側の奥底にある嫌と好きを知っていくこと。

掘り出せばまだまだあるし、
あっちにもこっちにもつながっていく。

それを紐解くことも楽しみながら。

自分を最優先にして生きていこう。

Tomomi


Grace VanderWaal

Grace VanderWaal

グレース・ヴェンダーウオール

アメリカズ ゴッ ト タレントという、
アメリカのオーディション番組が好きで、
youtubeでちょいちょい見ては、
感動して泣いたりしています(笑)

子どもたちは、可愛くてみんな天才でびっくりする。
それを見守る親たちの表情や涙にまた感動したり。 

おとといも見ていたら。

若干12歳のグレース・ヴェンダーウォールに
くぎ付けになってしまった。

曲も詩もオリジナル。
ウクレレを自分で弾いて歌う。

ハスキーヴォイスと、抜きんでる歌のうまさ。
シャウトがたまらない、、、。


勝ち抜いていって、
ファイナルステージは『Clay』という曲。
最高です。



一番最初のオーディション。



オーディションは2016年で2年前なので、今は14歳かな。

検索したら、オーディションで優勝した後、
3ヶ月後には全米デビューしていて、
来日もすでにしていた~。

いつかの来日公演を心待ちにします。

……………


【"Clay" by Grace Vanderwaal】

You see a girl in the hallway
And then you whisper to your friend, "Who is she anyway?"
You forgot what she looks like in like a day
But your words don't hurt me
I will be okay

'Cause you don't hurt me
I won't mold to..


Your silly words I won't live inside your world
Because your punches and your names
All your jokes and stupid games
They don't work
They don't hurt
Watch them just go right through me
Because they mean nothing to me

Try to change my shape
But baby I'm not clay
Sorry not today
'cause baby I'm not..

Try to change my shape
But baby I'm not clay
Sorry not today
'cause baby I'm not clay

I'm not clay


【歌詞の日本語訳】(すみません、詩的に訳せません。)
あなたは廊下で女の子を見る
友達に「彼女誰だっけ?」と小声で聞く
一日もたてば、彼女の見かけも忘れてた
でも、そんなあなたの言葉に私は傷つかない
私は大丈夫
私はあなたに傷つけられたりしない


あなたの言葉は、私を変えられない(あなたの思う形にはならない)
私はあなたの世界にはいない
あなたのパンチ、名前
冗談やバカなゲーム
そんなの通じない
そんなことで傷つけることはできない
そんなことは、私をすっと通り抜ける
だってそんなこと私にとって何の意味もないから

わたしの形を変えようとしても

わたしは 粘土じゃないんだから

今日は、無理
だって 私は粘土じゃないの

……………

歌詞と訳詞は、ことりのかけらさんから拝借しました。
ありがとうございます。

ことりのかけら
発見したこと気づいたことを発信中~帰国生・凸凹発達の教育情報も~
https://www.kotorino-kakera.com/entry/GraceVanderwaalclay



ペルセウス座流星群2018夏

20180813_190209_R.jpg

山登り経験豊富な友人家族に
誘ってもらって、
昨夕、黒髪山に登ってきました。

目的は、夕陽と流れ星。
夕方から登って、下山は夜の暗闇の中。

自分で夜の登山に行く勇気はないので、
貴重な経験をさせてもらえてとてもうれしい。

黒髪山の鎖場も、
暗闇のほうが怖くないことに気付く。
まわりも下も見えないから(笑)

夕陽と月と星空。

ペルセウス座流星群の流れ星。

遠くの町の花火大会。

お山の頂きで、
裸足になって(裸じゃないよ)
みんなでゴロリン寝転がって鑑賞会。

星座に詳しくなったら、
星空を眺めるのがもっと楽しくなるんだろうなーって、また新しい発見。

よき夏の思い出をありがとう!


西の空・日の入り
20180813_190517_R.jpg

夕焼け
20180813_190720_R.jpg

東の空・面白い雲の形
20180813_191228_R.jpg

西の空・月の出
20180813_193655_R.jpg

お月様と金星とうっすら町の明かり
20180813_195811_R.jpg

梅カビる夏2018

20180813084149289.jpg

今年の梅干し。

わたしの歴史上、最高潮にカビました。

上の画像のショボショボの梅の白っぽいのはカビではなく、塩です。
いくつかの梅が、こんなにショボショボに干しあがっちゃったのは今年はじめて。
同じ梅を使った友人もショボショボになったと言っていたので、
これはカビとは関係ない、もともとの梅の出来具合のよう。

土用の時期には梅を干す気になれず、
土用も終わって8月に入って、ようやく、よっこらしょ。

6月に漬けた梅。
今年は梅酢があがった時点でカビがすでに発生。

今年は15%と、今まででいちばん塩の量を少なくしてみたのが原因か??
わたしの心のあり方が原因か(笑)

いちばん上の梅がわずかに出ちゃうくらいしか梅酢が上がらずカビ発生。
カビを取っても取っても発生。

ということで、あきらめてフタをして放置。

ハア~、今年の梅干しは全部失敗かなあ。
捨てるしかないかなあ。
とヘコむ。

そして、2ヶ月が過ぎ。

ようやくやる気になったので、
封印していた梅を漬けている容器のフタを開けると、
見事にカビがびっしり。
薄緑色のカビ&黒カビ少々で梅の姿は一ミリも見えない。

だよねー、だよねー、そうだよねー。

とりあえず、重石を上げてみる。

と、その下には何事もなかったように
梅酢に漬かったきれいな梅ちゃんたちが。

おお!なんと!

カビは上部にすべて集結し、まるでフタのように生えていて、
そのカビの下では、梅酢に漬かった梅ちゃんたちは
元気にしていました。
上部の梅ちゃんたちはカビの犠牲になってけど、その下は大丈夫!

カビの胞子を若干あびながら、カビを取り除き、
まずは梅を水で洗ってザルにあげ、
ホワイトリカーにくぐらせて、ザルに並べて3日間じっくり天日干し。

今年の酷暑の強い日差しに助けれらて、カビ菌も殺菌されたに違いない。

赤紫蘇を入れない白梅は、
干す前は、完熟した梅の黄色そのままだけど、
陽の光を浴びるにつれて、どんどん赤みが増してくる。

梅を干すときの、
お日様の力が目に見える瞬間、このときが大好き。

干しあがった梅をまた容器に戻して保存して、
1年も経てば、真っ赤になる。
自然の力はすごいし、本当に面白いものを見せてもらえる。

20180813084150327.jpg

干しあがった梅干しは、
2014年の梅酢にくぐらせてから、容器に入れて保存。

カビを取り除くときに梅酢がにごってしまって気になったので今年の梅酢は処分。

まあまあ、なんとか一件落着。

こんな感じで、今年の梅カビ騒動は乗り切りました。
大丈夫でしょう。自己責任で(笑)

昨年もカビました。今年ほどではなかったけども。
それまでカビたことなかったんだけどな。

毎年出来の違う梅干しも楽しく面白いもんです。

来年の梅はどうなるかな?



民芸を学ぶ

20180803135813188.jpg

春から学びはじめた竹細工。

竹のかごがいろいろ完成。
かなり先生に手伝ってもらってますが、、、。

ひご作りからやってます。
竹からひごをとるのは力がいるし、まあまあ大変。
でも、美しくひご取りできると、ワクワクします。

なかなか物事の続かないわたしですので、
いつまで続くか分からないけれど(笑)

今のところは、ライフワークにしたい気持ちでいます。
予定は未定(笑)
道具を揃えなければ。

これまた道具がいいんです。
シンプルで。
竹細工の道具も手に入りにくくなっていると思うので、
早めに揃えないとねー。

昔の道具ほどいいよね。
職人さんがちゃんと作ってるから。

今のはだいぶ簡易的になってるものね。
ほんとに良いものはやはり経験のある人間の腕から
生み出されるのだな。

あ!もしも竹細工の道具がもう必要ないという
方がいましたら、ぜひご連絡ください!


20180803135828219.jpg

同じく、春から学びはじめた、津軽こぎん刺し。
青森の民芸。

こぎんとは、野良着のこと。
その昔、一般庶民の野良着は、麻布しか許されなかったと。
今ではびっくりな話です。
綿より麻のほうが断然値段が高いですから。

織りの目の粗い麻の野良着の、
保温、補強のために生まれた手仕事が
この津軽こぎんと呼ばれる刺し子。

青森でも、エリアによって「もどこ」と呼ばれる
紋様が違うそうです。

糸と針の手仕事、ちくちくと楽しいです。
一目でも間違えたらほどいてやり直し。
針が進んで模様ができあがりはじめると、
どんどん楽しくなる。

民芸は美しい、用の美。
手仕事が好きなんだなあ、わたし。




ホメオパシーとムカデの季節

201805161525203b2.jpg


ずいぶんまえにもらったへびいちごローション。

虫刺されの増える今からの季節にたびたび登場します。
※使用期限は1年らしいですが、我が家の辞書にない言葉(笑)

昨晩、布団の中で、自分の首に手をやってつかんだものはムカデ!!
自分の体の上で発見したのはさすがにはじめて。

ぎゃー!!ということで、
まずはトングでムカデを捕まえて窓の外へ。

そのあと、速攻で、
ホメオパシーのApis・エイピスをとり、
このローションを塗って、寝ました、、、。
刺されてはいないようだったけど、ちょっとヒリヒリ。

翌朝、ムカデの歩いたわたしの首は何もなってなくて、
よかったよかった、一件落着。

エイピスは、ミツバチのレメディ。
蜂刺され、虫刺され、などなどなどなどに。
かつて、夫も布団の中でムカデに刺されましたが、このレメディを速攻でとって、翌朝は何事もなかったように効きました。

ホメオパシーを知る人も使う人もずいぶんと増えました。
こんな急性症状にほんとに助かる自然療法です。

ホメオパシーに出会ったら、ぜひ学んで、
家庭の救急箱として取り入れてほしいな~と
思います。

SNSなどで、

ハチに刺された、へびにかまれた、ムカデに~どうしたら??

という、書き込みがあるときに、レメディキットを
持っている人だったら、「Apisをとって!」
と伝えられるのにな、と思うことがたまにあります。

それが、わりと自然の中で暮らしてて、ホメオパシーを使ってそうな人だったりすることもあって、よけいにもっともっとホメオパシーが根付くといいな!と思ってます。

わたしは、20年前にホメオパシーに出会えたことに、
ホメオパシーをわたしに教えてくれた友人に、
とても感謝しています。

わたしが、アトピーのステロイド離脱を決心した時期に、
すごいタイミングで出会えたので。

ステロイド含む一切の薬をやめたので、
それに代わる自然療法が目の前に現われるなんて、
もう大丈夫だ!って
ほんとうにうれしくて幸せでした。

ホメオパシーはまた、深い深いところの傷にも作用したり、
奥がとっても深いので、資格をもったホメオパスの先生に
健康相談を受けるのもおすすめです。






あたらしい命ふたたび

2018/4/20、
あたらしい命が生まれました。

昨年は、親猫みーの、育児放棄があり、
わたしたちがミルクで育てるも、
2週間しか生きられなかった子猫のむーちゃん。
生まれてすぐに亡くなってしまっためーちゃん。
とてもとても悲しい出来事でした。

それでも、1年経って、またあたらしい命の誕生に
よろこびいっぱいです。

201805092120468a6.jpg

キジ2匹と、茶白1匹。

20180509212043d36.jpg

今回は、段ボールの中で、無事に出産し、
おっぱいもちゃんと出ています。
お尻をなめなめして、おしっこやうんちも
ちゃんと出してあげてます。

201805092120440b7.jpg

出産の日、わたしは段ボールをのぞかないように
必死にがまんしました(笑)

はあ~、よかった、よかった。

新しい学び

20180330220853f1d.jpg

新しい学びをはじめた。

わたしにとっては、新しくはないのかも、、、。

それでも、

季節は春。

事始めの季節。

ありがたくも、素晴らしい師とのご縁をいただく。

こつこつ、一歩一歩、学びを深めたい。














毛糸のくつ下、2足目できあがり

20180301_153220_R.jpg

くつ下を編むのが楽しくて、2足目が完成!

まだまだ粗はあるけれど上出来~。

そして、まだまだ編みたい(笑)

編み物は子どもの頃からちょこちょこしてきたけど、
編み図も読めないし、数年に一度、作りたいものがあるときにやる、くらいだったので、
毎回、そのたびに本を開いて一から、、、。

今冬はちょっと違う、、、ような。
ちょこちょこの積み重ねが、そこそこできるようになった感じで、
くつ下編むのはとても難しい!と思っていたけど、
それができるようになって、とても楽しくなった。

できなかったことができるようになることの楽しさ。

やりたいことがあるってありがたい。

20180305_085254_R.jpg

ここのところずっと、片付けブームが続いており、
しまってあって、ずいぶんと使ってなかったものは手放すことに。
で、工房オープンの日にあわせて、家の前でガレージセール。

それぞれぴったりの方々のところへ旅立っていってよかったです。
蚤の市的なもの、掘り出し物を探す感覚ってなんで楽しいのでしょうか~。

20180303_092408_R.jpg

そして、手元に残った、ノーマンロックウェルの画集。
高校生のときに親にねだって買ってもらった、巨大な洋書。
1万円くらいした。
重い、分厚い。でも、素晴らしい。

オークションに出そうかと思って写真まで撮ったけど、
ぱらりぱらりとページをめくると、見入ってしまって
やはり手元に残すことに(笑)

ノーマンロクウェルが切り取るワンシーンが好き。
古き良き時代のアメリカの人々、子どもたち、動物たちの表情が好き。
絵のタッチがとてもやさしくて好き。

28906607_913910788785036_1658785609_n_R.jpg




フォトジェニックな

20180304155055a7f.jpg

フォトジェニックなみーちゃん。
可愛すぎる。

今日のおやつはきなこクッキー。

20180304155054b35.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。