Tanneつりともみ の 日々

ヒーリングしたり ワークショップしたり 自然の中で暮したり

アリタマルシェ  



aritamaruches.jpg


今週末は『アリタマルシェ』に出店します!
(hatakenowaは、3/29金のみの営業となります)

有田へ引っ越してきてから、7ヶ月。

地元、有田のイベント参加、とても楽しみです。



工房Baumの木のカトラリーとTanneのプチはんどりふれでお待ちしております!


アリタマルシェにはこちらに来てからお友達になった方々も

多数出店しますのでそちらも楽しみです。


ぜひ遊びに来てください~!


アリタマルシェ arita marche
http://www.facebook.com/Aritamarshe

2013.3/30(土)・3/31(日)

10:00~17:00(最終日16:00まで)

場所: 陶山神社(佐賀県西松浦郡有田町大樽2-5-1)

入場無料 雨天決行

主催 有田窯元市グループ お問合せ090-4487-9116(小松)




スポンサーサイト

category: イベント

tb: 0   cm: 0

春の野草  


yasou.jpg

我が家の畑、現在、収穫できる野菜はありません…。

秋に植えて土の中で成長を続けている方々は、にんにく、らっきょう、スナップえんどう。

12月の寒い時期に植えた空豆は花が咲きはじめました。

植える時期が相当遅れた玉ねぎも、しっかり畑に根をはってくれています。


今は、路地栽培だと収穫できる野菜がとても少ない時期です。

現在は、土作りと夏野菜の種まきをがんばり中。


野菜はないのですが…、

畑には春の野草がわんさか生え出しました。

この時期は野草だけでもなんとか暮らしていけそうです(笑)

今年1月から参加している「自然に学ぶ会」にて、先日は野草料理を学んできました。


yasou32203.jpg

参加者のみなさんが持ち寄った大量の野草たち!!圧巻でした!

みなさんご自身のお庭や畑や、野草がある場所をしっかりチェックされています。

はじめて聞く野草の名前もたくさんあり、覚えられません…。


yasou32202.jpg

小さなラッキョウのようなノビルは、我が家の畑から堀りおこし、

球根部分はてんぷらに、茎は酢味噌和えにして持っていきました。

球根部分のてんぷらはちょっとにんにくっぽくて、ほくほくおいしかったです。

私がはじめてノビルを知ったのは、昨年4月に師匠のところへウーフに来たときでした。

師匠が畑のわきに生えていたノビルをてんぷらにしてくれました。

そうそう、野草も、できるだけ農薬や除草剤がかかっていない場所を選んで摘んでくださいね。



yasou32204.jpg

ユキノシタのジュースは、ユキノシタをすり鉢ですりつぶし、さらしでしぼって

お水とお塩を加えて。どんな味かと思いきや飲みやすかったです。

お塩ではなく、はちみちなどの甘みを加えたり、酵素ジュースで割ってもよいそうです。

お子さんには甘みがあるほうが飲みやすいですね。


yasou32205.jpg

そして、出来上がった野草づくしのお昼ごはん。

人間が手をかける必要もなくすくすくと育ち、

大地に強く根をはった野草を分けていただくことに感謝して。

どれもとってもおいしかったです。幸せでしたー。


ヨモギ、ナノハナ、ヨメナの玄米混ぜごはん
(野草を湯がいて刻んで炊き立ての玄米ごはんに混ぜます)

ユキノシタ、ノビル、タンポポの花、カキドオシなどなど野草のてんぷら

ミツバのごま汁

ユキノシタのジュース

ノビルの酢味噌和え

イタドリ、ハコベ、ナズナの花のサラダ

カラスノエンドウの胡麻和え

ツワブキの佃煮



現在の我が家の畑は、カラスノエンドウの生えっぷりがすごいです、食べ放題。

くせがないので食べやすく、さっと湯がいて刻んで胡麻和えにしてよく食べています。

野草は薬効もたくさんありますが、私はまだまだよく知りません。

ユキノシタは、てんぷらであれば食すのはひとり1枚で十分とのこと。

春の野草は、基本的には冬のあいだに心身に溜まった毒素の排出を促す役目があるのだと思ってます。

野草、とその野草の薬効をこれからたくさん覚えたいです。




category: 食と暮らし

tb: 0   cm: 0

生む@cafe ユラク  


umu.jpg



昨日、3/17 長崎・出島のcafe・ユラクで開催されたイベント

「生む」に参加してきました。


ユラクでのイベント参加は3回目で、いつも楽しい時間を過ごしています。

今回もおなじく。

ここにはいつも安心でおいしいものがたくさんあるので、食べてばかりいます。

でも、ちゃんとハンドリフレもしてます。


出店者もお客さんもみんなが自由にそのままで楽しむ空間になっていました。

31603.jpg


今回もたくさんの手に触れさせていただき、感謝です。



31602.jpg


寅師匠の地粉でユラクのまさこさんが焼いたまるるのクッキー。

師匠の玄麦をまさこさんがおみせで挽いた全粒粉のクッキーです。

めっちゃおいしいです~!


31601.jpg


また呼んでください~♪と言ったら、

こんどは出店しに行く!と言われました(笑)

楽しい一日をまたありがとうございました~。




category: イベント

tb: 0   cm: 0

百姓体験  



RIMG0379.jpg


先日、横浜から友達が遊びに来ました。

一緒にキムチ作りをしたり、

きなこを作ったり、

寅師匠の畑のお手伝いをしたり、

充実した時間を過ごせたと喜んでくれました。


私が昨年の4月に師匠宅で体験させたもらった

横浜の町では体験できないことを、ぜひ友達にもと思っていたので

5日間、まいにちパタパタと過ぎていって、

今思うと、もっと連れて行ってあげたい場所や体験させてあげたい

ことがあったな~と。


いつもは少食の彼女が

我が家では、毎食、もりもりたくさん食べていました。

無農薬無化学肥料のお米や野菜は、美味しくてついつい食べ過ぎます。

みんなで食べるのも楽しいですしね。

良いものでも食べすぎはいけませんが…(汗)


そして、キムチ、きなこ、大豆etc、をリュックに詰めて帰っていきました~。

またおいでね。






category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

東北ボランティア・ハンドリフレのチャリティワークショップ  



miel01.jpg


東北ボランティア・ハンドリフレのチャリティワークショップを開催します。

私の参加しているハンドリフレのボランティアチームは

昨年4月から、岩手・釜石、陸前高田、大槌にある

仮設住宅や福祉施設などをまわって、

希望者の方へハンドリフレをするという活動をしています。


ハンドリフレをさせてもらうことで、

短い時間でもゆっくりとリラックスする時間を持ってもらえたり、

仮設住宅という限られた敷地内の中に、他人が入っていくことで

普段あまり話せないようなことおしゃべりしたり、

健康不安の聞き取りなどにもつながったりしています。


私は、昨年の4月と10月の2度、岩手の釜石でのボランティアに参加してきました。

10月の活動の際、4月のときよりも、

津波での被災体験を話す人が多かったように感じました。



ハンドリフレだけでなく、「話を聞く」ことの大切さも改めて感じました。


そして、まもなく3月11日、震災から2年が経ちます。


私たちは、被災地へ行って、自分自身で見て、聞いて、体験したことを

「伝える」ことも、役割のひとつだとボランティアを続けることで気付くようになりました。

ボランティアでの活動をお話しながら、ハンドリフレを覚えて帰って

いただければ♪と思っています。


昨年は、横浜にてハンドリフレのチャリティワークショップを2回開催しました。

佐賀へ来て、今回が3回目の開催となります。

今回は、一緒に岩手へ行ったメンバーが横浜から来ます♪



東北ボランティア・ハンドリフレのチャリティワークショップ  


日時 : 2013.3/15(金) 午前の部10:30~12:00 午後の部14:00~15:30  

場所 : hatakenowa・畑の環 
    http://hatakenowa.blog.fc2.com/
    佐賀県西松浦郡有田町泉山2-7-12 JR佐世保線上有田駅徒歩8分

参加費 : ¥1,500 (※参加費は全額を今後のボランティア活動資金とさせていただきます。)

定員 : 各回2名 要予約  ご予約はこちらまで  tanne@auone.jp  090-4174-8472

講師 : 釣ともみ + 丹羽仁美





今回のワークショップでは、岩手の仮設住宅で行ったハンドリフレを体験していただいた後、

実際に参加者のみなさんにもリフレを実践していただきます。

ご家族やお友達にもやってあげられるようにぜひ覚えて帰ってくださいね。


植物のオイルを使った、両手の指先から肘までの簡単なリフレクソロジーです。

所要時間10分ほどのとてもシンプルなケアですが、リラクゼーション効果抜群です。

ぜひご参加ください。ご予約をお待ちしております。


次回、私たちの岩手での活動は4月下旬を予定しています。








-- 続きを読む --

category: ワークショップ

tb: 0   cm: 0

菜の花  



nanohanas.jpg


我が家の畑の白菜の真ん中から茎が伸びて、とうとう花が咲いてしまいました~。

先端をチョキっといただいて、我が畑産菜の花です。

湯がいておひたしでいただきました。

ほんのり春の苦味、とってもおいしかったです。







category: 食と暮らし

tb: 0   cm: 0

これで十分  



ichogo02.jpg


ご近所さんからい株分けしていただいたイチゴの苗を植えました。

くだものは育てたことがないので、

ちゃんと根付くかな~、とちょっと心配ですが。

ご近所からの至近距離のお引越しなので大丈夫でしょう。


「これで十分」 ナナオサカキ

Soil for legs
Axe for hands          
Flower for eyes       
Birds for ears       
Mushrooms for nose     
Smile for mouth       
Songs for lungs      
Sweat for skin       
Wind for mind       
Just enough        

足に土
手に斧
目に花
耳に鳥
鼻にきのこ
口にほほえみ
胸に歌 
肌に汗
心に風
これで十分


category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

酵素たっぷりジュース  


RIMG0258.jpg


今朝は、りんご、にんじん、小松菜をジューサーでしぼって

豆乳、かぼすの絞り汁を混ぜた野菜ジュースを作りました。

緑の野菜を入れるとジュースの色がどうしてもおいしそーに見えなくなりますが、

これが!おいしすぎてびっくりしました。

普通においしいくらいかなーと思って飲んでみたら

びっくりするくらいおいしかったです。

ビタミン、ミネラル、酵素たっぷりです。


絞りカスでカレーを作りました。お昼ごはんにします。


ぜひお試しくださいませ~。

野菜はできるだけ新鮮で無農薬のものを使ってくださいね♪



category: 食と暮らし

tb: 0   cm: 0

cashicoyaのスコーン  



kinacoscone.jpg


横浜・六角橋のcashicoyaのスコーン。

こちらに来てからはそうそうありつけない1品となってしまいましたが…、

先日、cashicoyaのみずきちゃんが寅師匠のきなこちゃんで作ったスコーンを

送ってくれました~!


私は、粉の味が楽しめるぎゅーと目の詰まった?スコーンが大好きで

cashicoyaのスコーンはまさにそれ。

このきなこのスコーンもペロリと食べてしまいました。


寅さんの無農薬の大豆で作られたきなこちゃんが

横浜のcashicoyaさんの手でおいしいスコーンに生まれ変わり

また佐賀へ戻ってきて、私と夫のおなかの中へ入りました。


は~、幸せです。ありがとうございます。


cashicoyaブログ
http://sweets-cafelife.cocolog-nifty.com/





category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

わたしにつながるいのちのために  



watashini.jpg


先日、長崎・佐世保のオランダの花やさんで開催されたイベント『バイバイ原発』に

参加し、冨田貴史さんのお話を聞いてきました。


冨田さんが2006年に発行されたブックレット

『わたしにつながるいのちのために』を以前、私が横浜で経営していた雑貨や「ie+」でも

取り扱わせていただいていました。

そして、引き続き、現在の自宅ショップhatakenowa・畑の環 でも置かせてもらっています。

ぜひお手にとり、読んでみてくださいね。¥500で販売もしています。


また、このブックレットはわたしの友人がネットでも読めるようにと

ブログにUPしてくれています。


わたしにつながるいのちのために ・*
http://ameblo.jp/watashini-tsunagaru/




このブックレットには、

原発、ウラン、プルトニウム、被ばく、再処理工場、原爆、

ウラニウムの採掘で被害を受ける先住民、原発を反対するひと、

推進する人などなど、いろいろな側面から見た言葉が綴られています。

とても分かりやすいです。


今回、冨田さんのお話を聞くのははじめてでしたが、

一番印象に残ったのは

「ほんとうに無関心な人なんていないんじゃないか。」という言葉。

原発事故や放射能汚染に関して、無関心な人がたくさんいるという思い込み。

それは無関心なのではなく、表だって発言できなかったり、無関心のふりであって

皆それぞれにそうせざるをえない事情を抱えているのでは?と。

なんだかとっても納得しました。

あとは本当に何も知らないという可能性。

テレビ、新聞などの既存のメディアからの情報に頼らず
(そこには真実がない可能性が高いので)

自分たちで調べたことを、自分たちの言葉で発信していくメディアの自給が必要という

お話も印象に残りました。


私は以前、これを読んで原発の恐ろしさを再確認しました↓

原発がどんなものか知ってほしい  平井憲夫
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html




冨田さん、今年は、京都、大阪、宮崎と3つの拠点で活動がはじまるとのこと。

ご自宅の京都、大阪では、4月から冨貴工房のスタート、

宮崎は福島の子どもたちのための保養キャンプの場として。

冨貴工房は、人が人として生きる上での喜びの源である「創造的に生きること」

を感じられる場として、鉄火味噌、手前味噌、茜染め、麻褌作り、そして、電気の自給など

もりだくさんで、相当楽しそうです!

hatakenowaも冨貴工房のように進化してゆきたいな~。


詳細はこちらでどうぞ~。

冨田貴史・旅日記・旅予定
http://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/



category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新トラックバック

月別アーカイブ

おすすめBooks