Tanneつりともみ の 日々

ヒーリングしたり ワークショップしたり 自然の中で暮したり

100年前のクリスマスカード  



100yearsago.jpg


ご近所の大好きなお店、Trapにて、

まったくの季節はずれですが…、古いクリスマスカードを買いました。


ひつじの絵を見たら、友人の顔が頭に浮かび…、

さらにカードの雰囲気や色合いに惹かれて。

カードの住所面を見ると、消印がなんと!1912年12月23日。

古くても60年くらい前のものだろうと思って手に取ったのですが、

それが100年前のカナダのクリスマスカードでした。

インクペンで書かれた筆記体のメッセージもそのまま。


かつて、アメリカやイギリスのアンティークを扱うショップで働いていて、

アンティーク商品の中に、レシピボックスというものがあって。

お料理のレシピを書いたカードを整理してしまっておくためのボックスなのですが、

たいていはボックスのみなのに、たまにレシピカードがそのまま中に残されたものが

あって、そのレシピカードを見るのが好きだったな~と思い出しました。

どんな人が、どんな時に、どんな思いで、このレシピを書いたんだろう とか

このカードのメッセージを書いたんだろうとか、想像するのが楽しくて。


やっぱりこういう古いもの好きだなーと久しぶりにしみじみしました~。


スポンサーサイト

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

きゃらぶきを作りました  



kyarabuki01.jpg

いつもお世話になっているご近所のおばちゃんに、きゃらぶきの作り方を教えてもらいました。

我が家の畑の裏山に生えているフキを収穫して、早速作ってみました。

画像に写っている、きんかんとよもぎは酵母を育ててみようと仕込みました。

kyarabuki02.jpg

フキは、洗って適当な長さに切ります。

まだ若いフキなので、下湯でして皮をむくこともなくそのままOK。

酒、みりん、砂糖(今回はハニココで)、しょうゆを入れて水分がなくなるまで炊きます。

kyarabuki03.jpg

玄関の前に置いた七輪でコトコト4時間ほど。

途中でいりこを投入しました。お好みで唐辛子を入れても。

kyarabuki04.jpg

フキから出る水分の量に驚きながら、

見事に完成ー!!酒の肴に、ご飯のお供に最高です。

kyarabuki05.jpg


category: 食と暮らし

tb: 0   cm: 0

エネルギーチャージの場所  


kaen.jpg


岡本太郎さんが大好きです。

引っ越す前、まさか有田に太郎さんのこんなに大きな作品があるとは

まったく知りませんでした。

タイトルは『花炎』

太郎さんの遺作だそうです。

作品の向こうには美しい山並みが。

太郎さんの作品は、街にあっても自然の中にあっても

その存在感はどこにいてもゆるぐことなくどっしりと根をはって、

まっすぐと天にのびています。


車で10分ほどの場所にあるので、

ちょっと疲れたかな~と思ったとき、ここへ来て

この像が良く見えるベンチに座ってぼーとします。

気持ちよいです。太郎さんのエネルギーもらったらまた動き出します。

有田に太郎さんがいてくれてよかったー!!





category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

アリタマルシェありがとうござました!  


aritamaruche03.jpg

3/30土、31日に開催された、有田・陶山神社でのアリタマルシェ。

素敵なお店がたくさん出店して、焼き物はもちろん、雑貨やマッサージや、

おいしいお菓子や食事もあり、音楽あり、ダンスあり、充実したイベントでした。

桜の花びらがひらひらと舞う姿はとても美しかったです。

aritamar05.jpg



工房Baumの手彫りの木のカトラリーも、たくさんの方に手にとっていただけて

今回は大きめのサイズのカッティングボードが人気でした♪


aritamar04.jpg

私、Tanneもハンドリフレ、ミツロウのクリーム作りをしました。

野外リフレにはまだちょっと寒かったです…。

aritamarche02.jpg

おいしいものもたくさん食べたし、

AURAさんのドリームキャッチャーのワークショップも参加して、

こんなに可愛いドリームキャッチャー作りましたよー。

一見難しそうに見えますが、子どもも作れるくらいに簡単です。

糸もいろいろな色の中から選ばせてもらえて、私が選んだものは草木染めの糸でした。

楽しかった~。

aritamar07.jpg

マルシェ最後の〆は、アフリカンドラムとダンス!

最高にかっこよかったです!

aritamar06.jpg

楽しい2日間を本当にありがとうございました!



category: イベント

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新トラックバック

月別アーカイブ

おすすめBooks