日々のきろく

ARTICLE PAGE

人と違う


子どもの頃、牛乳や甘いお菓子やケーキがキライでした。

水道水もそのままでは飲めませんでした。(お茶とかにしないと)

白ごはんだけも苦手。ふりかけとかおかずがないと食べられない。

給食のコッペパンや揚げパン、米飯やソフト麺も苦手。

給食のおかずは唯一好きだった。

でも、牛乳もコッペパンも残さずに小学校の6年間食べましたヨ。

今思うと、ちょっとした拷問だったなと。



日本の食の素晴らしさを給食は台無しにしてしまった~。

唯一、学校の給食室で給食のおばちゃんたちが作る毎日のおかずは

大好きだったのが救いでした。



みんなが好きなものがキライ。

人と違うって子どもにはなかなか辛いものです。

お誕生日会のケーキとか、いらないし!!という感じで。

私はお煎餅があれば十分です。お煎餅にキャンドルを立ててくれれば(笑)

という子どもの私でした。


大人になってようやく。

ああ、私の体に必要ないもの、合わないものを本能で判断していたんだね~、小さなわたし。

牛乳とか、白砂糖とか、添加物とかの自分の体質には合わないのたくさんの不自然なものを。

そんなこんなが原因か、子どものころは病院通いも多く、小学校1年で、入院して手術も経験しました。


20代前半のアトピーの悪化で、薬害に気付き、一切の薬をやめて

自分自身の自然治癒力を信じるようになってからの15年間、病院に行かず一切の薬も飲まず

に生きています。歯医者さんだけはたまに行きますが、歯医者さんだけです。


20代前半で薬をやめたとき、「食」に関しては徹底していませんでした。

もともと「食べる」ことは好きだったので、その制限はしたくなかったのです。

「食べる」ことの制限での精神的なストレスをかけるよりは、そこは自由にして

他でがんばることにしました。


その「他」というのは、体をあたためて自然治癒力を高める入浴療法で。

今話題の「冷えとり」と同じ考え方です。

その自宅でできる療法で、ステロイドのリバウンドという大きな山を越えることができました。


今、病院と薬いらずで生きていることに感謝です。

もともと夫もそれほど薬を飲む人ではなかったけど、完全に使わなくなったことにも感謝です。

私以上に自分の自然治癒力を信じてます(笑)






スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply