スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的アトピーの治し方

17年前に私がステロイド離脱&アトピー克服のいちばん大変な時期を
乗り越えた「ウーロン茶風呂入浴療法」について。

必要な方に届きますように。

この療法の良いところは、自宅でできることですが、
根気は必要です、ぜひ続けてください。

1回の入浴で用意するもの
・ウーロン茶のティーバッグ5袋

1.やかん一杯にウーロン茶のティーバッグ5袋を15分くらいぐつぐつ濃く煮出します。

2.浴槽に38~39度のお湯を全身が浸かるくらいまで入れます。
  
3.お湯をはった浴槽にやかん一杯のウーロン茶(ティーバッグも)を入れて、ウーロン茶風呂のできあがり。
  ※沸かしたてのウーロン茶を入れても38~39度くらいになるように調節してください。
    40度だと温度が高いです。

4.ウーロン茶風呂にできるだけ長い時間浸かります。(最低でも1時間)
  お湯の温度はつねに38~39度をキープしてください。
  入れるのなら何時間でも入ると治癒のスピードがアップします。
  ※お湯はとっておいて翌日また沸かして入るのもOKです。

以上です!!

できるだけ長い時間ウーロン茶風呂に入ること。
毎日続けること。
がとっても大切です。

●なぜぬるめのお湯か??

体温より少し高いくらいのぬるめの温度であることは、神経をリラックスさせます。
心身のリラックスは自然治癒力を促進します。
これよりも温度が高いと神経を刺激したり、心臓に負担がかかったりします。
ぬるめのお湯につかって15~20分くらいしてから出てくる汗がとても大切です。
薬害や添加物などを排出してくれる汗です。

●なぜウーロン茶なのか??

かゆみを鎮静させる効能があること、体をあたためる作用があること。
また、香りのリラックス効果。

●なぜできるだけ長い時間お風呂に入るのか??

アトピーに限らず、何かしらの心身の不調の原因、病の原因は「冷え」が根本にあります。
できるだけ、体があたたかい状態でいる時間を長くすること。
体温があがると自然治癒力がUPします。

約1ヶ月は、毎日5~6時間お風呂に入っていました。
ステロイドのリバウンドで、皮膚症状が最悪の状態になり、高熱がでたりとしんどい好転反応が
ありました。波はあるものの、良くなり悪くなりを繰り返し、皮膚の状態が落ち着いてくるまでに
4ヶ月ほどかかりました。

ウーロン茶風呂の入浴療法をはじめたときに、薬をとることは一切やめました。
ステロイドはもちろん、風邪薬、頭痛薬、鼻炎カプセルなどなど。

薬をやめること。
体をあたためること。
薬害を出すこと。

で、私はアトピーだけでなく、慢性鼻炎や便秘も改善しました。

自然の治癒はゆっくりゆっくりです。時間がかかります。
何が本当の治癒なのかを体験すれば、
また同じような症状が出てきたときに、対応ができます。
薬で抑えず、症状を出し切れば治癒が早くなります。
表面だけをきれいにする薬は、本当の治癒へは導きません。
「表面だけをきれいにする」という意味は、
私にとっては「何もなかったようにする。」というイメージ。
皮膚症状を抑える、解熱剤で熱を下げる、下痢を止める、花粉症で鼻水がでる、など。
どれも必要があって体の自然治癒力がしっかり働き、毒を押し出している証拠です。
喜んで出し切りましょう!!

しかし、この私の体験は17年前なので、情報としてはちょっと古い。
今は、くつ下の重ね履きの「冷えとり健康法」もあります。
インターネットでなんでも検索できる時代。
ご自身にあった方法を探されても良いとも思います。

どんな方法であれ、「体をあたためる」ことをしてみてください。
ほんっとに!!いろんなことが良い方向へ変化しますよー(^o^)


当時、私がウーロン茶風呂の入浴療法を指導してもらったクリニックです。
・和真クリニック(東京・江東区) http://wasin.jp/index.html

参考文献
『医者がつくるアトピー患者がなおすアトピー―薬をやめて笑顔を取り戻した人たちの記録』


スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。