スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.3/9(木) 坂口火菜子・虹の戦士 ひとり語り@横浜・綱島

ご予約お待ちしております(^^)
【2016.3/9(水) 坂口火菜子・虹の戦士 ひとり語り@横浜・綱島】

新月の夜、横浜・綱島にある旅をコンセプトにしたカフェ・ポイントウェザーで、火菜ちゃんの虹の戦士をみんなで聞きませんか?

【坂口火菜子・虹の戦士 ひとり語り@横浜・綱島】

《日時》
2016.3/9(木)新月🌑
20時開場
20時半開演
21時半頃終了

《場所》
旅カフェ・ポイントウェザー
横浜市港北区綱島西1-14-18
http://pointweather.net/
https://m.facebook.com/POINT-WEATHER-245019365512176/

《料金》
2000円 ※要予約
(棗茶房の台湾茶&cashicoya焼菓子つき)

《ご予約&問合せ》
つりともみ
090-4174-8472
tanne2613@gmail.com
FBメッセでもどうぞ(^^)

『虹の戦士』について

「地球が病んで動物たちが姿を消し始める時、まさに その時、みんなを救うために 虹の戦士があらわれる」
この諺がもとになって生まれた物語と言われています。
この物語はインディアンに古くから伝わる物語で1991年に北山耕平さんにより翻訳されました。
もともと「スピリットの帰還」と訳されたこの物語はカナダ最大の先住民族クリーの国にかつて居た「火の瞳(アイズ・オブ・ザ・ファイヤー)」と呼ばれる老婆が残した予言。
現代を生きる一人の少年が、自分の中に眠る『何か』の存在に気付き、探す旅。現代に『諦め』さえも見ていた老婆と共に。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
坂口火菜子(さかぐちかなこ)
H.P.
http://firena.jugem.jp/

Twitter
http://twitter.com/#!/kanakosakaguchi

芝居、ちょっとしたカフェ経営、イベント主催などをしながら地球を旅する。
パフォーマンスのツアーで訪れたカナダで出会ったインディアン・クリー族の人達を第二の家族と感じ、2007年から毎年交流を続け、クリー族からサンダンスという祈りの儀式に参加を許され、また、ウーマンズセレモニーという儀式を日本人として正式に受け継ぐ。
現在、北山耕平氏翻訳の『虹の戦士』という物語に乗せ、彼らから受け取ったメッセージを日本に伝える語りライブを展開中。
2013年は共鳴する人達に呼ばれ全国100ヶ所以上でライブを行う。
2014年夏はサンダンスの儀式に日本から参加者を募り、旅を企画。
大事な人達と地球の平和、そして調和した世界を求め、独自のアンテナを張りながらそれに反応し、共鳴し続ける。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。