日々のきろく

ARTICLE PAGE

おむすび in 竹かご



omskago02.jpg



おむすびマーケットつながりで…というわけでないのですが笑

ご近所にある竹かごやさんでゲットした、おむすび用のかご。

わたしの手のひらサイズのおむすびがぴったり3つ入って感動!


omskago01.jpg


このかごは岩手で作られたもの。

細い竹でできているものは、東北のものがほとんどとのこと。

跡継ぎがいなくて、作り手がどんどん減っているということです。

同じかごでも微妙にサイズが違うし、編み具合も違うし、

熟練した作り手さんのかごの仕上がりは他のものと同じようでも

ようく見るとぜんぜん違います。編み具合もカタチもきっちり。

お値段も少しお高かったりするので、私はお手頃なほうで…。


おむすびはかごの中へそのまま入れます。

ラップで包んではいけません~。かごに入れる意味がなくなります。

通気性がよく、竹には抗菌作用もあるので、蒸れずにおいしくいただけます。


ちなみに、本日のおむすびの具は、

梅干し、昆布とおかかの佃煮、小女子の佃煮(いただきもの)、でした。


旅がひととおり終わりましたので、ハンドリフレクソロジーtanneは

通常通り営業しています。ご予約お待ちしております!


スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply