スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引寄せの法則~薪バージョン

20160824_174153_R.jpg

お盆を過ぎたら、風と水に秋の気配、、
そして、早くもすっかり秋めいてきました。

我が家は、今年で種をつないで4度目のごまの収穫がはじまりました。
夫が一生懸命お世話してくれています~。

20160824_174339_R.jpg

鞘から種を出し、ゴミを取って、洗って、炒る。
という、食すまでになかなかの長い道のりがあり、そちらは私の仕事です、、、。

さて、秋めいてきた今日この頃、秋の次は冬。

横浜から4年前の夏に着地したこの九州は佐賀の有田。
横浜より!!だんぜん寒いこの地の最初の冬。
九州=あったかいと思っていた私たちはびっくり!!
凍えて過ごしました、、、。

冬の間、氷点下になる日があり、水道管も凍結したりとか、、、。
その後、4度の冬を越しましたので、氷点下にも、水道管凍結にも慣れました。

そんなこんなでとっても寒いこちらの冬ですが~。

今、住んでいる家には、大家さんからお借りしている薪ストーブがあり。
今ではぬっくぬっくのあたたかい冬を過ごすことができています!
感謝です。

しかし、、、。
薪ストーブには、薪が必要なわけです。

薪の調達は意外に大変で。

丸太の状態のものとか、いろいろといただくことができたのですが、
切ったり、割ったり、とにかく大変!!

といっても、
それが、薪ストーブの醍醐味!自給自足の醍醐味!!であるわけですが。

薪の準備にとにかく時間をとられ、仕事が進まない日々が続くと、、、。

いったいどうしたらいいの?????

となり、、、。

昨年の冬が来る前の家族会議で。

「今年の冬は、薪ストーブはあまり使わずに、コタツで過ごそう。」

という、、、結論に達しました。
なんか悲しい(笑)

しばし、その結論について考えていたのですが、
これってなんか違う!!と思った私。

考え方を切り替えました。

問題は、

・薪を切る&割るのが大変。

・それに時間をとられる

・仕事がすすまない

でも、薪ストーブはあったかい、使いたい!


ならば、

・すぐに使えるサイズの薪が手に入る
・手間がかからず容易に切ることができる薪が手に入る

という考え方に切り替えよう!
イメトレもばっちり!

そしたらば!!

しばらくして。

「炊きもんあるよ~。」

と町内の建築現場で仕事のあった大家さんから夫に電話が!
そこで出た端材があると知らせてくれました!

そして!

見事に建築現場で出た端材をゲット~!

端材なので、そのまま使えるし、ちょっと長いものも容易に切れる。

引寄せ大成功~!!

自分でもびっくり!!

それでも、軽トラ一台分の薪で一冬は持ちません。

しかし、そのあとも、

大工さんが捨てるくらいなら、とやはり廃材になった木材をわざわざ持ってきてくれたり。

と、無事に、薪に困らずにひと冬を越すことができました。

引寄せの法則は読んでないのですが、こんな感じであってるでしょうか?

というわけで。

秋の気配を感じる今日この頃、
今年は早速、昨日、大家さんから炊きもんコールをいただき、
かなりの量の薪をゲットすることができました。
本当にありがとうございます!!!






スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。