スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴衣の効能、観察中

20170920091609dba.jpg
10月にある有田くんちの踊りの練習のために、
8月から週2回、浴衣を着ています。

練習には浴衣を着てきてください!
と聞いたとき、
ギョギョッ!!
浴衣持ってないしー!
どないしよー!!??

と思ったのですが。

浴衣も帯もお借りすることができ、
着付けは、先輩方がピシャッとしてくださり。

「自分で着られるようになってね!!」
と、教えてもらいながら着付けしてもらっているうちに、自分でも着られるようになったこの夏。
新しいことができるようになるのは楽しいですね。
ピシャッ!!と着られるように教えてもらえる機会を得られたこと、本当に感謝です。

着られるようになったのだから、と。
ご近所の古布店へ行って、USEDの浴衣と帯を2000円ほどで購入。
夏の終わりで、浴衣も少なく、選ぶ余地なく、渦巻き柄の不思議な浴衣を購入することに(笑)
こんな柄の浴衣、見たことないヨッ!!(トップ画像参照)

それで、週2回、夜の1~2時間ほど浴衣を着るようになって2ヶ月が経とうとしています。

わたしの個人的な体感ですが。
浴衣(&着物)は、とても体に良いのではないか?と思いはじめました。

・背筋が伸びる(猫背のわたしには特に!)
・足が揃う(無駄に足をひろげなくなる)
・生理が変わってくる(観察中)

お腹まわりを帯で締めることにより、
内蔵の位置が整うのか、、、
子宮が締まるのか、、、
その辺のしくみはよく分かりませんが。

布ナプキンを使いはじめてから、10年が経とうとしていますが、
経血コントロール(経血を子宮に溜めてトイレで出す)はまったくできなかったのです。
それが、浴衣を着はじめてからなんか違う。布ナプキンにつく経血の量が減ってきました。
まだ2ヶ月なので観察中です。
もしかしたら、関係ないかもしれないし(笑)ただ経血の量が減っただけかもしれないし。

帯で締め付けて苦しい!!
浴衣や着物は窮屈なもの!!
なんてずっと思ってきましたが。

実は、締め付けるのって帯のところだけ。
あとはどこも締め付けない。
でもって、身体の中でもいちばん軸になる部分をキュッと締めることで、姿勢がよくなる。

お腹まわりが締まってるので、
ちょっと食べただけでお腹いっぱい(笑)
素晴らしき効能(笑)

下着もゆったりだし。
お腹まわり以外は、スースーしてます。
基本、ぜんぶ紐で結ぶ。
ゴムもファスナーも必要ないっ。
タイパンツと同じや~♪と思いました。 
締めるところと、緩めるところ。
緊張と弛緩。
締めるだけでもよくないし、
緩みっぱなしでもよくない。 
という素晴らしき陰陽の統合!!
大事ですねー。
ヨガと同じですねー。

なんでも作ってみたい病(笑)を持つわたしは、
いつか浴衣も縫ってみたいと思ったり。
和裁が気になりなじめた今日この頃。

そして、

衣食住、という言葉。

化繊の衣服(下着も)を着なくなってもうずいぶん経ちます。綿か麻。
特に皮膚が敏感で弱いわたしには自然素材は、とても気持ち良いです。

衣という言葉がいちばん最初。
ということは、衣がいちばん肝心だから♪ですよね。食よりも!って意外ですよね。

今までのわたしの認識は、
身体を整える依 = 自然素材の洋服

でしたが、
自然素材の和服!!が最強なのではないかと、思いはじめた今日この頃です。
和服を着て、この言葉の意味を今までよりも深く分かりはじめた気がします。

先人の知恵は素晴らしくて、楽しい♪

18年前に87歳で亡くなった祖母は、
今、生きていれば115歳くらい?
普段からときどきは和服を着ていたし、
ひいふうみいと、数を数えていました。
100年前の日本の衣食住。
100年前の日本人の健康状態に興味が沸きました。

ヲシテ文字に出会ってから、
ひいふうみいという言霊の素晴らしさを知り、
ご先祖様や神様を敬うことの大切さを知り、
踊りの練習で着た浴衣で、和服の力を知り、
相も変わらずわたしの人生は、表層意識ではまったく意図してないところから、
思わぬところにつながっていっています。

つぎはどこへ(笑)
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。