スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈るということ

20171227_075522_R.jpg


先日、わたしの住む集落にある、山頂に神様の祭られている山にはじめて登ってきました。

年末と年始に、女性たちがこの山に登り、年末は1年のお礼参り、年始はまた新しい1年の祈願に。

この風習については聞いたことがありましたが、今回はじめて声をかけてもらって参加しました。


女性たちがお参りのために山に登る前に、男性たちが草刈りなどをして山道を整備をしてくれます。

この山にはこの集落の人しか登らないと思うので、1年の間に山道はかなり荒れますし、
傾斜もけっこうあるので、整備も大変だと夫が言っていました。
それをなんなくこなすこの集落の男性たちはほんとにすごいな~と思います。

途中で休憩を入れながら、登ること40分ほど。

山頂に着きました。

この山は、三角そのままの形で、遠目から見ると、山頂の部分だけ木がなくて
へこんでいます。この山は、車で通る道からよく見えるのでその山頂部分を
いつも眺めていました。そこに目がいってしまうんです。

今回、いつも下から眺めていたその山頂まではじめて辿り着きました。

そこにはふたつ石碑がありました。

それぞれに持ち寄ったお水とお神酒、お線香をあげお参りさせてもらいました。

石碑のひとつには、「月天社」とあり、げってんしゃと読むそうです。
山の山頂にある神様、月と天のお社。
素敵だな~と思ってしまいました。

そのあとは、その辺の小枝や枯れ葉を集めて火を焚いて暖を取り、
持ち寄ったお茶とお菓子で休憩しておしゃべり。

最後は、しっかりと火消しをして(万が一山に火がうつったりしないように)
下山しました。


代々続く風習だと聞きました。

今、50代の女性たちが中心に登っています。今回は私を含め6名でした。
この集落にお嫁に来てからずっと登っているとのことですが、
このあとを継ぐ人がおらず、自分たちが登れなくなったらどうするんだろう??
とも言っていました。

わたしは、この集落に住んで4年のよそ者で、
簡単に物事を言ってはいけないと思うのですが、
この素晴らしい風習がこれからもずっと続いてほしいと思います。
今回のこのお参りに参加させてもらえてとても感謝しています。

女性の祈りの力の素晴らしさと、自然の中に宿る神々を敬う心と、
それを形にして続けているこの素晴らしい風習が残ってほしいと思います。

もちろん男性の祈りも素晴らしいのですが、やはりいのちを宿し産むことのできる
女性の力に勝るものはないのではないのでしょうか。

この集落は、町内でも人口の少ない現在23世帯の暮らす限界集落です。

その集落に代々続く小さくて大きい祈りの風習。

今回、一緒に山に登らせてもらえて、
昔の人はしっかりと神様とつながっていたんだなあと、
自然を敬い、神様を敬い、暮していたんだなあ、と強く感じました。

そして、一昨年の宮崎で開催されたウーマンズセレモニーを思い出してしまうのです。

女性たちの祈りの場を作るために男性がサポートするというところが
とても似ていると思いました。

ウーマンズセレモニーについてはこちらを↓

【2016ウーマンズセレモニー@宮崎・都農】
http://tanneto.blog.fc2.com/blog-entry-240.html



わたしが幼いころから一番近くにあった祈りは、母方の祖母の祈りでした。

月の半分ほどは、共働きのわが家へ滞在して、家事のサポートをしてくれていたのですが、
仏壇のないわが家では、毎日、ベランダに出てお天道様のある方角に向かって
お経を唱え、家内安全を祈願してくれていました。

そんな祖母の姿を、祈りという言葉にも、その行いにも、興味のない子どもの頃から見ていました。
それは日常の風景で気にも留めてなかったことですが、
大人になって、祖母が他界して、わたしも結婚して家族を持ち、
その祖母の毎日の「祈り」がどれほど大切なものだったのかを理解したのです。
わたしは、わたしの家族はみんな、あの祖母の祈りに守られていたんだと。

「祈り」というものがなんなのか。
言葉に言い表すのは簡単ではないですね。

でも、目にみえないけれど、日々私たちを守り導いてくれる存在があるということ。
それは自然の中に宿っているということ。

日々の雑事で忘れてしまいがちなそれらのことを、
このような風習を通して、思い出させてくれたり、気づかせてくれたり。

そのためにこのような風習があり、
神社やお寺があり、そこへ行ってわたしたちはお参りすることができる。

やっとやっとやっと少しずつ理解できてきました。

ただただ、パワースポットという名目のもとに、パワーが欲しい!という思いで
お参りすることのないように。

古木に宿る神様の力がどんどん失われていく姿をここ数年で見てきました。
とてもとても悲しい気持ちになりました。

神様の力を強くすることができるのも、人間の祈りの力だと教えてもらいました。

これからも、
神様への敬いの心を忘れずに、感謝の気持ちでお参りに行きたいと思います。











スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。