日々のきろく

ARTICLE PAGE

恋のようなもの

20190409182654bdc.jpg

芹沢銈介の型染(かたぞめ)がとても好きで。

買ったばかりのこの本は、
わたしのトキメキで埋め尽くされている。

芹沢銈介の型染は、
沖縄の民芸である紅型から生まれたことは知っていた。

まだサラッとしか読んでいないが、
戦前の沖縄に3ヶ月滞在した時期があったと。

沖縄は全くわたしの竜宮です。

後年こう語った、と書かれていた。

うんうんうんうん!!とうなずいてしまう。

わたしも、今年の2月にはじめて沖縄の地を踏んだ。

この沖縄で過ごした6日間が濃すぎて、
まとめておきたいけど、まだできていない。

結論を言ってしまうと、

わたしは沖縄が大好きになった!!

人も、
土地も、
食べ物も、
音楽、文化、民芸も。

なんだか、
キュンキュンして、可愛い!って
思うことが多くて、それはそれは楽しかった。

旅の初日の夜と、
旅の最終日の夜に行ったふたつのお店で、
このポスターを目にする。

わたしの大好きな岡本太郎さん。

20190409182640d40.jpg

太郎さんも沖縄に魅いられた人だ。

一つの恋のようなものだった。

とある。

うんうんうんうん!!

とうなずいてしまう。

なーんにも考えずに、
なーんの予備知識も持たずに、
親友が誘ってくれた旅に合流した。

まさかこんな気持ちになるなんて
想いもしなかった。

わたしも沖縄に恋したんだ。







スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply