日々のきろく

ARTICLE PAGE

沖縄で出会ったもの・針突

20190413084501c0c.jpg

沖縄の旅で出会ったものはたくさんある。

沖縄の最初の夜に、
友達が連れていってくれたお店で、
針突(ハジチ)という入れ墨をした
若い女性に出会った。

そのお店は、
沖縄料理のお店で、
初日の晩に、オリオンの生と、
美味しいお料理に舌鼓を打っていた。

と、
カウンターに座っている若いカップルの
女性の手に目がとまる。

あ!
沖縄の女性がかつて手の甲に施した
といわれている入れ墨してる!!

その彼女に気がついてから
気になってしょうがない。

で、
お店を出るときに、
ひとまず、お店の人に話してみた。

あのカウンターの彼女の
手の入れ墨がめちゃくちゃ気になるんです!

と言うと、

常連さんだと思われるそのカップルを
紹介してくれた。

今どきな感じのとてもきれいなその女性は、
わたしに、その手の甲の入れ墨について、
とてもうれしそうに話してくれた。

この入れ墨は、
針突(ハジチ)と呼ばれるものだということ。

彼女のおばあがしていた針突を自分もしたい
と思って、5年前の22歳のときに右手だけにいれたと。

針突の模様は、その土地土地で、
微妙に違うこと。

針突には、お守り、魔よけ、祈りのような
意味合いがあるとこと。

とにかく、

気づいてくれてありがとう。
興味もってくれてありがとう。
伝えられてとてもうれしい!!

というエネルギーを言葉よりも強く感じた。

彼女の笑顔の輝きからもそれを読み取れた。

沖縄楽しんでくださいね!!

と別れ際には、
元気な声をかけてくれた。

沖縄、最初の夜の、
とても心に残るステキな出会いだった。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply