日々のきろく

ARTICLE PAGE

窯場の夜食



syoujian04.jpg

月いちで開催されている、「有田の伝統行事と行事食を楽しむ会」へ行ってきました。

先月11月に、ご近所の窯元さんのお友達に誘ってもらってはじめて参加しましたが、

有田焼の器に、上品な盛り付け、そして、とってもおいしい!食事に大満足してしまい、

今月の開催もその場で予約をお願いしたのでした。


場所は我が家から自転車で5分ほどの古民家を改装した「小路庵」。

とっても素敵な古民家ですが、食事の画像しかありません…。


syoujian02.jpg

今月のテーマは、焼き物で有名な有田ならではの、「窯場の夜食」。

焼き物の最後の工程をまかされる「窯焚きさん」は、窯に火を入れると2昼夜、火加減の調整に

細心の注意を払い一時も気を抜くことができないという最も体力を使い、責任の重い仕事をする

職人さんで、薪で火を焚く登り窯が主流だった時代の花形だったそう。

その窯焚きさんが窯場で4度とる食事のうちの夜食をテーマにした献立でした。


十二月 窯場の夜食の御献立

・お刺身 鰤・大根・貝割れ・わさび

・かけあえ 鯖・蕪・味噌

・竜田揚げ 鯨・生姜・玉ねぎ・水菜

・五目豆煮 大豆・こんにゃく・牛蒡・人参・昆布

・蕪蒸し 鯛・蕪・ぎんなん・きくらげ

・御飯

・雪のつゆ 大根・餅・薄揚げ・味噌

・香の物 高菜漬け・戸矢かぶ

・デザート 柚子のソルベ




syojian03.jpg

鰤のお刺身、サイコーでした!!


syojian01.jpg


くりぬいた柚子の中に柚子の香りがたっぷりのシャーベットがデザート。

美しさと上品さとおいしさに放心状態。


しかも、この会は、有田のおかあさんたちがボランティアでやっているのです。

ボランティアで、このクオリティはすごいです。


誘ってくれた窯元のお嬢さんの友人は、「こんな豪華じゃなかったと思うよ…。」と

言ってましたが…笑。


有田に来てから、「焼き物で来たの?」といろんな人に聞かれます。

焼き物とは無縁で有田に来た私たち…。

窯元さんや陶芸家さんともお知り合いになれて、焼き物について日々教えてもらっています。




スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply